院長ごあいさつ

院長からのメッセージ

一般保険治療、小児歯科治療はもちろん、より高いレベルの技術を求めて日々努力し、現代の歯科治療の最先端を目指しています。
なぜなら、 多くの悩みや不安を抱えた患者さんが、当院に来られます。歯科医として患者さんを励まし、そして安心して治療を受けていただくには、励ます言葉の中にも裏打ちされた技術が備わってなければいけません。
歯科技術は日々進歩しています。また学会ではさまざまな論文が発表されており、それらの技術・知識は机上論ではなく、患者さんにフィードバックされて初めて活きた医療だと考えます。
これからも立ち止まることなく、地域医療に貢献していきたいと思います。

プロフィール

S61年大阪歯科大学卒業
大阪歯科大学補綴(ほてつ)第三講座入局
【現在】
・ 大阪歯科大学 口腔インプラント科所属
・日本口腔インプラント学会 専門医
・武田歯科医院 院長

所属学会
日本歯科審美学会 (Japan Academy of Esthetic Dentistry )
日本口腔インプラント学会 (Japan Society of Oral Implantology)

トップへ

日本口腔インプラント学会 専門医について

当医院は、日本口腔インプラント学会が定める専門医試験に合格し認定されたインプラント専門医です。
インプラントの分野では日本口腔インプラント学会が、「インプラント治療に関して十分な学識と経験を持つ」と認めた歯科医師に対して「インプラント専門医」として認定・交付する資格制度があり、その資格条件は、指定研修施設で5年以上の研修と実績、さらに認定医試験に合格しないと取得することができない厳しいもので、以下の条件を満たして審査に合格し、登録した人に認定医資格証が交付されます。

日本口腔インプラント学会認定医の申請条件

  • 1.日本国歯科医師の免許を有すること。
  • 2.認定医申請時に5年以上継続して本会会員であること。
  • 3.学会指定の研修施設に通算して5年以上在籍していること。
  • 4.学会の学術大会及び支部学術大会に5回以上参加していること。
  • 5.学会の定める研修施設又は本会によって行われた所定の研修を終了していること。
  • 6.学会の指導医2名の推薦が得られること。
  • 7.学会の定めるインプラント治療の経験があること。
  • 8.学会の学術大会においてケースプレゼンテーションを行っていること。
  • 9.学会の学術大会及び支部学術大会又は認定委員会が認める国際学会において2回以上研究報告を行っていること。
  • 10.口腔インプラントに関する研究論文を本会誌又は本会が指定する外国雑誌に1編以上発表していること。
●当医院は平成21年初春に取得致しました。

※2009年4月現在、インプラント専門医は奈良県下で5名で、日本口腔インプラント学会ウェブサイトから閲覧することができます。
日本口腔インプラント学会:専門医一覧

トップへ