インプラントの症例1

歯が一本欠損している場合の治療例

事故や虫歯などで歯が一本欠損しており、両隣の歯が比較的良好な場合の治療例。

インプラント

欠損した箇所にインプラントを埋め込みます。

実際のインプラント治療例
【施術前】

丸い部分がインプラントです。
( 隣の2本は歯の根を残せた為、差し歯の土台となっています)
ジルコニアクラウン

金属を使用していないため、金属アレルギーの心配がなく、強度も十分な素材です。
【施術後】

従来の歯と違いがわからないくらい審美性にすぐれています。
ブリッジ
ブリッジ

インプラントが確立されるまではブリッジしかなく、古くからあるメジャーな方法です。
保険が適用されますが、両隣の健康な歯を大きく削らないといけない欠点があります。

アドヒージョンブリッジ
アドヒージョンブリッジ

支柱になる歯の表面のエナメル質と金属をレジンセメントにて強固に接着させて固定する方法です。両隣の歯を最小限の切削量で接着するため外れてしまうリスクが高く、さらに保険の適用ができないため選択条件が限られます。

トップへ